Home

Detector Sliding Scale bar "SIB240" , Item description movie









裏面(1mm目盛)

気泡管付でスケール棒を垂直に保持できます


■比較高低差測定

@スケール棒の2段目に表示されているゼロセット位置に、受光器をセットしたスライド部を合わせます。基準とする任意の場所にスケール棒を設置し、2段目を上に伸ばしゼロセット位置にて受光できる高さで2段目を固定します。

Aスケール棒を他の位置に設置し、スライド部のみを上下させて受光位置を探します。先に受光させた基準位置との比較高低差がわかります。(上図の場合、@の位置よりもAの位置の方が20cm高い事がわかります)